朝日新聞社提供

安全な暮らしは土台が大切

近年は異常気象による大雨や地震など、自然災害が後を絶ちません。
石垣や擁壁は日本の建築物で多く使用されており、美観に美しい素晴らしいものです。
しかし構造や石垣の状態次第で、豪雨劣化により大惨事を招く事もあります。
建物への耐震普及率は高まりつつも
石垣や擁壁などについては現行基準に満たしていない物が多くあります。
特に地盤である足元から崩れることで、
建物が倒壊し近隣の民家にも二次災害が発生するなど問題視されています。

大雨で隣家に崩壊した民家の石垣
(兵庫県神戸市で 読売新聞社提供)

石垣の構造と不適格擁壁

現在ある自然石の石垣の多くは石のピースを積み重ねただけの構造が多く、現在では建築が認められていない石垣などが数多くあるのも問題となっています。
また石垣や擁壁は条件により国の建築確認申請の申請が不要な場合もあるため、確認機関の検査が行なわれていない無検査の石垣や擁壁が多く存在します。
石垣は崩壊などが発生した場合には大きな被害をもたらすため事前対策が重要になってきます。


朝日新聞社
出典:(一財)消防防災科学センター「災害写真データベース」

豪雨・地震対策あきらめていませんか

石垣や土砂災害は
対策が可能です

大きくひび割れた擁壁や石垣、崩れかけた石垣も補強対策が可能になりました。これまで石垣の補強には、ひび割れた石垣の隙間や目地にモルタルを詰め込むだけの対策が多く、石垣に十分な補強を保つことが難しい状況でした。そこで機械を使用し石垣の隙間や内部に優れた接着補強材を注入することで、石積みの強度を上昇させます。また石垣の重量や耐震性を向上し土圧に抵抗することで、石垣崩壊の抑止効果に期待できます。


震度6に耐えた特許技術を採用

恒久排水補強パイプ

豪雨による石垣や擁壁崩壊の主な原因は大雨時の排水不良が主な原因でおこります。
当社では接着補強した石垣や擁壁に排水補強パイプを設置し排水効果を上昇させ石垣や擁壁の崩壊を防止します。
また排水補強パイプは擁壁背後の土砂との摩擦により地震時の石垣や擁壁の崩壊を抑止することができます。


土砂崩れ・豪雨災害も防止

※排水補強パイプの効果を検証する模型試験「太田ジオリサーチ様参考資料」

10年間無料保証

石垣・擁壁の補強後10年の工事保証をさせて頂きます。
お客様に工事の保証に関して
調査費や保険費用の負担は一切かかりません。
※10年保証には工事条件及び規定があります

保証書

施工事例

弊社が実際に施工した石垣補強の
施工実績をご紹介します


大きくひび割れ沈下した間知ブロック
空積み間知ブロック擁壁が大きくひび割れが発生した擁壁。建築時には検査確認申請が必要でなかったと思われる。空洞部とひび割れ部分に接着補強モルタルにて補強。

施工前

施工後

境界部に増積みされた危険な石垣
敷地境界線に高く空積みされた危険な石垣。石積みと空洞部分を補強。石積みの上にさらに増積みブロックされた危険な塀が確認できる。盛土された土圧に耐えるのがブロック塀と強度としては危険。

施工前

施工後

高さがある住宅の危険な石積み擁壁
石垣の目地の劣化を目視でき、石積み内部を補強し目地部に刷毛引き仕上げで完了。高低差がある住宅地においては石積み擁壁が多くみられる。また全面道路に接しており通学区域などにもみられる。

施工前

施工後

住宅の外構に使用された空積み石垣
石垣の裏側が現行基準をみたしていない空積み石垣を補強。ブロック塀など上載荷重に耐える対策が必要になる場合もある。

施工前

施工後

石垣の繋ぎ目がひび割れした石垣を補強
石積み擁壁の劣化現象である石積みを補強。目地のひび割れから耐震性が不十分になるおそれがある。またモルタル劣化により雨水などが浸透して危険が高まる。

施工前

施工後

[石垣補強・調査の専門家]

石垣のご相談・お見積は無料です。
工事を行わない場合でもお気楽にお問合せください。石垣や擁壁の補強・補修関するご質問も受付けております。
石垣・擁壁の補強・調査までお気楽にご相談ください。

お問合せはこちら
電話0120-901-788
メールメールはこちら